トリミングアームって?愛犬の安全に役立つ理由とは?

愛犬のトリミングはただのお手入れではありません。安全かつ快適に行うためには、適切な道具が必要です。今回紹介する「トリミングアーム」は、その重要な役割を担っています。なぜ愛犬の安全に役立つのか、その理由を詳しく解説します。

トリミングアームの基本

トリミングアームとは、犬や猫などのペットのトリミング時に使う道具です。このアームの主な機能は、ペットをグルーミングテーブルに安定して固定することであり、事故を防ぎつつスムーズな作業を支えています。

また、ペットの動きを適切に制限し、トリミング中のストレスを軽減する役割も担うものです。トリミングアームは、高さや幅が調整可能で、様々な体型のペットに対応できる汎用性があります。それに加えて、様々なアタッチメントや機能がついた製品もあり、プロのトリマーから飼い主さんまで、幅広いニーズに応えられるようになっています。

関連記事:失敗しない!適切な【トリミング道具】の選び方!

グルーミングテーブルへの取り付け方

グルーミングテーブルへのトリミングアームの取り付け方は、安全なトリミングのために非常に重要です。まずは、テーブルへの固定具にアームをしっかりと取り付け、動かないようにします。

次に、アームの高さをペットのサイズに合わせて調整し、トリミング中もペットが快適で安定した姿勢を保てるようにします。

アームにはペットの首輪を取り付ける部分があり、これを使ってペットを固定しますが、締め付け過ぎないよう注意する必要があります。

また、アームの位置はペットが立っている状態を維持できるようにし、座ったり寝転んだりする動作を防止します。これらの適切な取り付け方によって、ペットの動きを適度に制限し、同時にケガのリスクも低減するのです。

ひろこ

ネジは強く締めて、動かないか確認をしましょう!

選ぶべきトリミングアームの要素

トリミングアームの選択において、何を重要視すればよいのでしょうか?下記の要素を参考ししてください。

1. サポート機能が充実しているか

トリミングアームの選択において、サポート機能の充実は非常に重要です。サポート機能とは、例えば、動物の移動を最小限に抑えるためのネックストラップや足用のロープなど、さまざまなアシスト器具が該当します。これらの機能が充実しているかどうかをチェックすることは、トリミング中の動物のストレス軽減や安全確保に直結します。

2. 長持ちする素材とは

トリミングアームを選ぶ際、素材の耐久性は非常に大事な要素です。特に長期にわたり使用することを前提としているため、錆びにくいステンレス製や、強度と軽量性を兼ね備えたアルミ合金製などの素材が好まれます。これらの素材は、水や湿気といったトリミング環境での厳しい条件にも耐えることができ、長く信頼して使い続けることができます。

3. 調節可能性と多機能性

トリミングアームにおいて、高さやアングルの調節可能性は使い勝手に直結します。多くの製品では、ハンドルを回すだけで簡単に高さ調整が可能であり、犬の大きさやトリミングする部位に合わせて柔軟に対応できます。

また、回転式のアームがあれば、犬を動かすことなくトリマーが最適な位置にアームを移動できます。加えて、クランプの開閉範囲が広いと、様々な厚みのグルーミングテーブルに対応できるようになるのも重要な機能の一つです。

多機能性に富んだトリミングアームを選ぶことで、作業効率の向上と、愛犬の快適さ・安全性が向上し、トリマーにとっても愛犬にとってもメリットがあるのです。

トリミング時のリスクとトリミングアームの効果

愛犬のお手入れの一環として重要なトリミングですが、実は多くのリスクを内包していることが知られています。まず、非常によくあるのが、愛犬が怖れたり、緊張したりしてグルーミングテーブルから飛び降りてしまい、ケガを負うケースです。では、そんなリスクを回避するためにアームはどのような効果が期待できるのでしょうか。

例えば、犬が不意に跳んだり動いたりすることで、刃物によるケガのリスクがあります。また、グルーミングテーブルでの長時間の立ちっぱなしは、犬の関節や筋肉に負担を与えるため、アームを緩めて座らせながら保定するケア方法もあります。

トリミングアームは、動きを制限し安全なケアを支える重要なアイテムになります。不意の動きを抑制することで、ケガのリスクを大幅に低減することが可能であり、愛犬が安心してトリミングを受けられる環境をつくるためには欠かせない存在です。

犬種別のトリミングアーム活用術

愛犬のトリミング時に安全かつ効率的な作業を行うために、犬種ごとの身体的特徴に合わせたトリミングアームの活用は非常に重要です。

それぞれの犬種のサイズや行動パターンを理解し、トリミングをしやすい環境をつくることが必要となります。

1. 大型犬に適したトリミングアームの選び方

大型犬のケアを行う際には、それに見合った頑丈なトリミングアーム選びが欠かせません。大型犬の体重や力に耐えうるよう、強度があり、安定感のある製品を選択することが重要です。

また、高さが調節できる機能も必要で、体を支える部分やハーネスのクッション性など、大型犬の快適性に配慮した機能が備わっていることもポイントとなります。

2. 中型犬のケアに最適な機能とは

中型犬は多様な犬種が含まれるため、トリミングアームの選定においては多機能性を重視する必要があります。自由度の高い調節機能や、異なる犬種の体形に対応できる調整範囲の広さなどが重要なポイントになります。

また、特に活発な中型犬にとっては、アーム自体の移動がスムーズであることや、しっかりと体を固定できる強度も求められます。

2. 小型犬における安全ポイント

小型犬は体が小さく、やや神経質な傾向があるため、トリミングアーム選びには特に注意が必要です。安全ポイントとして、まず柔らかくて可動性の高いアームを選ぶことが望ましいです。また、小型犬は地面からの高さに恐怖を感じやすいため、しっかりとしたサポートが可能なアームが求められます。

まとめ

今回の記事では「トリミングアームの必要性」についてお伝えしました。ご紹介してきた通り、トリミングの際に大切なアームですが、飼い主さんからは「首をつっているように見えて可哀想」という声をよく聞きます。確かに固定されていて一見可哀想に見えますが、犬の安全を考えたら必要な道具になります。

落下防止やカット中の怪我防止になるため、様々な点で重要なアイテムです。苦しくならないように、高さを調整しながらトリマーは固定しています。なので安心してくださいね。

最後までお読みいただきありがとうございました☺️

この記事を書いた人

トリマー ひろこ

大学卒業後、有名作家のもとでアシンスタントとして勤仕。数年後、昔から夢だったトリマーを目指し専門学校に入学。JKCトリマー・ハンドラー資格取得。トリミングサロン、動物病院、個人店経営の経験後、現在は母校の専門学校で運営の手伝いをしながら、記事を制作。18歳の息子をもつシングルマザー。