犬のトリミング代を節約!【無料犬】活用術とお得な方法!

人間と同じように、犬にも「カットモデルがあることをご存知ですか?愛犬がトリミング犬種なら、毎月かかるカット代は結構負担になりますよね。

できることなら、費用をかけずに愛犬を綺麗にしたいのが本音です。そんな飼い主さん!見なきゃ損ですよ!今回の記事では、【無料犬】(カットモデル)に焦点をあて、毎月かかるトリミング代を抑える方法を伝授いたします。

トリミングにかかる平均費用

犬を飼っていると、色々とお金がかかるものです。フード代や病院代、おもちゃやオヤツ、ワクチン代など。そのなかでも、定期的におこなう「トリミング代」負担に感じる飼い主さんも多いのではないでしょうか

では、毎月かかるトリミング費用の平均額は一体どれくらいなのでしょうか?最小の料金が小型犬で¥4500〜、最大の料金が大型犬で¥20000〜が相場になります。以前の記事(料金相場)で細かく説明しているので、気になる方はぜひ参考にしてみてくださいね。

ご自宅でもセルフカットができますが掃除の手間や労力などを考えると、トリミングに出した方が楽な場合があります。飼い主さん視点では、費用を抑えながら愛犬を綺麗にできるのが最善です。そんなとき、冒頭でも話しましたが、犬のカットモデルを利用するのはいかかでしょうか?

「無料犬」とも呼びますが、聞いたことはあっても「どういう意味なんだろう?」と疑問に思っている方も多いかもしれません。

参考記事:【お得になるかも!】トリミング料金相場は?料金表はどうやって決まるの?

無料犬とは?

無料犬とは、学校や個人、お店や病院などのトリミング施設でカットの練習対象になる犬のことをいいます。カット練習をさせてもらうかわりに、トリミング代は格安無料になることから人気があります。

無料での犬のトリミングサービスは、どの施設でも一般的に提供はされていません。トリミングは専門知識や技術を必要とする作業であり、トリマーの経験と専門的な設備や道具が必要になります。

そのため、トリミングサービスは料金がかかる場合がほとんどです。ただし、地域によっては、動物保護団体やボランティア団体が一部の無料、または低料金のトリミングサービスを提供している場合もあります。

無料犬のサービスは需要が高いため、予約が必要な場合や条件がある場合があります。カット練習といっても、最後の仕上げはベテラントリマーがおこなうため、カットがガタガタで見栄えが悪いまま返されるわけではありません。

トリマーの卵や新人トリマーの技術向上のため、無料犬を募っているところは多いのです。

無料犬のマッチングサイト

無料犬の意味を理解して、いざ利用しようとしたとき一体どのように探せばいいのでしょうか?学校に問い合わせをしたり、サロンや病院のチラシや看板などで時折り目にすることはありますよね。一番効率よく探す方法は、モデル犬に特化したサイトを利用することです。

以上は「トリトリ」というサイトです。トリトリは、無料でカットモデル犬を募集・検索できるマッチングサイトです。

日本で初めてカットモデル犬を募集しているサイトで、トリミングサロンに所属するアシスタントリマーや専門学校の生徒さんの技術向上、ベテラントリマーがコンテストに参加するための練習の目的などで通常料金よりも無料・格安でカットをしてくれる募集がたくさん掲載されています。

無料・格安でカットをしたいと考えている人には“もってこい!”のサイトですよね。

ひろこ

便利なサイトがあるんですね。安くトリミングを受けたい飼い主さんと、技術向上のため犬を探しているトリマーの両方にメリットしかないサイトですね。

低額に抑える方法

トリミング代をできるだけ低額に抑えるには、無料犬を募っている場所でトリミングをしてもらうか、お店によってはクーポンや割引きをおこなっているところがあるので、そこを狙いましょう。

また、地域のボランティア団体やイベントで、無料または低額のトリミングサービスを提供している場合があります。地域のイベント情報や動物保護団体のウェブサイトなどで情報を収集し、利用できるサービスがあるか確認してみましょう。

トリミングサロンの話になりますが、トリミング料金が安すぎる場所は気をつけてください。数をこなそうと雑に扱われる可能性がありますので、事前に口コミや評価をよく読み注意しましょう。

トリミングに出さないとどうなる?

飼い主さんのなかには、セルフカットもトリミング施設に出すのも面倒だし、費用がかかって大変だと感じる方もいます。しかし、長毛犬はとくに必ずカットにだすように心掛けましょう。

トリミングに出さないと見た目や衛生面もそうですが、もつれや毛玉ができてしまい、それをとるために愛犬が痛い思いをするのです。定期的なお手入れは必ずおこない、ご自宅でもブラッシングはこまめに、シャンプーは月に一回はおこないましょう。

まとめ

一般的に「無料犬」は件数が多いわけではありません。無料犬募集をしているところを簡単に見つけるには、トリトリのような専用サイトを利用するのが効率良くミスマッチが減らせます。無料犬にご興味があるかたはぜひ一度検索してみてくださいね。

最後までお読みいただきありがとうございました☺️

この記事を書いた人

トリマー ひろこ

大学卒業後、有名作家のもとでアシンスタントとして勤仕。数年後、昔から夢だったトリマーを目指し専門学校に入学。JKCトリマー・ハンドラー資格取得。トリミングサロン、動物病院、個人店経営の経験後、現在は母校の専門学校で運営の手伝いをしながら、記事を制作。18歳の息子をもつシングルマザー。